この商品のタグ:

1.5坪テント

6坪テント TEN-008
6坪テント貸出し


6坪テント 正面写真
商品詳細
サイズ 1×1.5間(1,800×2,700mm)
軒高2,000mm│棟高2,670mm
詳細 足数 4本
適正ウェイト 各足20kg以上
※横幕の有無や風の強さにより異なります

貸出し料金表

3日間 5,400
追加1日 1,080
1週間 10,800
2週間 16,200
1ヶ月 21,600
2ヶ月 32,400
3ヶ月 43,200
4ヶ月 54,000
5ヶ月 64,800
6ヶ月 75,600
7ヶ月 86,400
8ヶ月 97,200
9ヶ月 108,000
10ヶ月 118,800
11ヶ月 129,600
12ヶ月 140,400

※全て税込み価格です。
※長期使用の場合はご相談ください!表記価格よりもお値引させていただきます!
※前日納品日、翌日返却日はお貸し出し期間としてカウントされませんので大変お得です!
詳しく見る


お見積依頼シートに入れる

動画で見る

注意事項

1.5坪テントは標準より頑丈なテントで、スタッフもしっかり養生を行いますが、基本的にイベントを中止するレベルの悪天候や強い突風が吹くと、テントは仮設の為、構造上耐えられませんのでご注意ください。
また、強風の場合は安全の為、現場担当者様のご判断でテントを撤去、もしくは幕を外して風を逃がす等の対策を行ってくださいますようよろしくお願い致します。


テント設営時は下記の点にご注意下さい。


1:設置する場所の地面の種類について

グラウンド(土地面)の場合:杭打ちすることができます。
アスファルトの場合:杭打ちはできませんので、支柱にウェイトを付けて固定します。
※杭打ちをされる方は、地面に水道管、ガス管、電気線が通っていないかご確認下さい。


2:テント設営時は風向きについて

幕を取り付ける面・取り付けない面の「風受け」を回避するために必要になります。
※テントに横幕を取付けると風の抵抗を受けやすくなります。取り付けの際はウエイト・杭・ロープなどで足元の養生をしっかりおこなってください。


3:テントや車(トラック)を搬入搬出するためのスペースについて

充分なスペースがないと、当日になって搬入搬出できずテントが設営できないといった事態になりかねませんので事前にしっかりと確認しておきましょう。


4:長期で建てるときや、大雨・雪などの恐れがある場合

このテントは基本的に仮設テントです。そして、天幕には雨などが溜まりやすく、最悪の場合テントがつぶれたり、事故の原因となります。
大雨や雪が心配される現場では、テント用の補強のパイプがございますので場合によっては使用しましょう。
(補強パイプ使用時はテント全体が重くなり、持ち上げ時に力が必要です。場合によっては人数を増やしましょう)


5.天幕の取り付けについて

天幕を広げる時は、足元が土の場合や汚れていた場合は、なるべく土にはつけずブルーシートなどの上で広げるようにしましょう。
かぶせる際、最低2名で行ってください。天幕をかぶせたら、角の四隅に天幕を仮留めします。それからそしてテントを起こします。
起こすときにパイプテントの支柱と桁がつながっている筒のところを持ちましょう。(その際、手をつめないように注意してください)
テントは、片側ずつ上げます。なるべく1本の足に1名付けるようにしましょう。
(短い方の桁から上げると楽です。必ず風下から建ち上げます。)

組み立て方法

テントの骨パーツの名称

※1.5坪テントに中柱はありません。

テント各部の名称


1.設置する部分にテント骨を並べます。

※まずはじめに、テントがどれだけのスペースを取るのかを確認しておきましょう!


2.テント足を並べます。

※向きに注意。足の折れ曲がる方を内向きになるようにおきます。


3.テント足の差込口(丸い穴)に桁を差し込みます。

※この時、指を挟まないように注意してください。


4.テント足に「流れ」(折れ曲がっているほう)を差し込みます。


5.棟を流れに入れます。

※2間テントは棟が継ぎ足し式になっています。


6.反対側の流れを差します。

※この時はじめに棟の方から差して、後で足の方を差すと組みやすいです。


7.天幕を被せます。


8.片側ずつ持ち上げてテントを建てます。


9.筋交いを引っ掛けます。

(風で倒れる危険性がありますので、確実に引っ掛けてください。)

この商品について

イベント会場の休憩所や喫煙所、会場受付などで役立つ、小型の1.5坪テントです。標準サイズである6坪テントと比較すると間口、奥行きともに半分程度の大きさなので、コンパクトなサイズです。そして脚の数が4本で、視界を遮る中柱がありません。部材の数も少なく、組み立てやすいテントです。ちょっとしたスペースを有効に使いたい。そんな時にいかがでしょうか?